DFMデータ解析

生産性と品質向上 DFMデータ解析
各種DRC・MRC機能により製造仕様に合わせた製造データの解析を行います。解析ルールは分かりやすいGUIで登録・自動実行することができます。DynaDFMデータ解析では基板製造前に生産適合性の確認を行い、生産性と品質向上を実現します。

DFMデータ解析

CADデータベースとのダイレクト・インタフェースにより部品情報やネット接続情報を読み込むことができます。CADの属性をCAM編集にリンクし、部品やピン番号の表示・検索やシルク最適自動配置、ネット比較などが可能となります。
各チェック機能のチェック値や対象レイヤーを手順化した設定ファイルを作成・登録することができます。チェックの内容やパラメータの違う複数の手順を登録しておくことで、異なった層数や製造仕様のデータチェックを簡単に切替えながら行うことができます。
エラー表示機能
データチェックの実行後、エラーを素早く検索。

エラー箇所をグラフやHTML形式のレポートに出来るため問題が見つかった箇所の資料作りが簡単に行えます。
解析する信号線の特性インピーダンス値を即座に表示します。またシミュレーション機能として、目標のインピーダンス値、板厚などのパラメータ入力で基板を製造するための最適な層構成をシミュレートできます。