ドリルデータ編集

NCツールデータベースを使用することで従来の様な変換ミスをなくし、製造と直結したツール管理が行えます。加工現場で使用するツールポストのサイズを登録することで、データ編集と現場の一括管理が可能です。
充実したドリルデータ編集機能
各種NC穴あけ機用ドリルデータの入出力とドリルに特化したデータ編集が可能で、製造と直結したツール管理機能で、データ編集と製造仕様の一括管理ができます。

•千鳥打ち長穴、穴文字、チェック穴など豊富な編集機能を搭載
•位置合わせアライメントやレーザー加工用データ編集に対応
•穴図・寸法線機能により容易に図面作成が可能
•対応しているデータ形式:日立、ロクロク、竹内、エクセロンなど
IVH基板、ビルドアップ基板に対応
ドリル貫通設定を行うことで内層導通・非導通のツール分けが可能です。

データ面付け

データ面付け
X,Y方向のステップ数、ピッチ及び間隔設定をするだけで面付けデータの作成が可能です。
又、面付け後のデータでも単面編集を行えば全てのデータに反映します。