ルーターデータ編集

柔軟なルーターデータ編集機能

外形加工データを作成するための豊富な編集機能を搭載しています。

ルーターデータの自動抽出

ルーターデータの自動抽出
外形ガーバーを読み込み、変換パラメータに従いルーターデータへ自動変換します。ビット径やオフセット方向、切削方向を任意に設定できます。

補助線機能

CAD図面を作成するような補助線を使用して複雑な図形の加工データを容易に作成できます。

加工補正

加工補正
スパイラル加工やザグリ補正など様々な加工条件に対応しています。加工機の特性を考慮したチェック機能を備えています。

加工シミュレーション

加工シミュレーション
切削順を問題がないか加工をシミュレーションする機能を搭載しています。外形やスリットなど切削の属性によりソーティングした結果を画面上で確認でき、チェック作業の負担を減らします。