部品実装支援システム PC-MountCAM

部品搭載データを中心とした新発想のプラットフォームで、部品実装図面・仕様書などの作成、段取り時間を大幅に短縮し、飛躍的な効率化を実現します。

搭載データ・部品表(BOM)変換機能

各種CADシステムから出力された搭載座標テキストデータや、実装機用マウントデータのフォーマットを自動認識して変換が可能です。

ガーバー・ドリル画像表示

基板イメージとしてガーバーデータやNCデータを読み込むことで、実基板が完成する以前から実装図面や実装データの準備作業を開始することが可能です。

基板イメージ表示機能

基板イメージ表示機能
市販スキャナから取込んだ基板イメージ(BMP、JPG等)と部品搭載データを重ね合わせて、実基板に近い表示が可能です。

部品データ配置チェック機能

画面上で部品名や搭載位置、角度、極性などを容易に確認できます。また、実装種別や部品種類による色分けもできますので、実装の段取りを画面上で確認することができます。

実装図面作成機能

実装図面作成機能
搭載データを基に実装図面や仕様書を短時間で作成することができます。また、部品の実装種別や部品種類ごとに色分け表示し、部品表を図面に挿入することもできます。
このような図面は、従来は手作業でコピーとその切り貼りの作業を行う必要がありましたが、PC-MountCAMでは、プリンタにカラー出力できる為、図面作成時間を大幅に短縮できます。

3Dバーチャル実装表示

基板上の部品高さもリアルに表示される3Dバーチャル表示では、部品実装状態を直感的に正確に確認することができます。

実装データ作成機能

実装データ作成機能
国内のさまざまな実装機用マウンタデータの出力が可能です。(富士機械、ヤマハ、JUKI、パナソニック、ソニー等)また、各種外観検査機に対応した検査用データを出力できます。

実装図面・仕様書ネットワーク参照

PC-MountCAMで作成した図面や仕様書は、図面データベースとして保存されます。各部品搭載や検査を行う工程では、完成した図面をパソコン上に表示するビュワー機能による閲覧が可能となります。このネットワーク対応機能により、ペーパーレス化を図ることが可能です。

CADデータベース入力機能(オプション)

CADデータベース入力機能(オプション)
CADデータベースから直接データを読込むことができ、
部品実装準備をすぐに開始できます。

① 部品の種類と使用数を自動集計します。

② 両面シルク、レジスト、パターン、ドリル
    データと部品配置情報、部品ライブラリを自
    動生成します。
図研 CR5000 PWSPower PCB PADSMentorGraphics BS
図研 BoardDesignerCadence AllegroValor ODB++

治具作成機能

PC-MountCAMでは4種類の実装治具が作成可能です。
バックアップ・ピンデータ作成(試作・少ロット向け)
バックアップ・ピンデータ作成(試作・少ロット向け)
 
両面の部品位置を確認しながらピン位置を決定できます。
バックアップ・プレートデータ作成(量産基板向け)
バックアップ・プレートデータ作成(量産基板向け)

• 部品領域、オフセット値を指定し高さ別のデータを出力
• 部品の高さ情報に基づき色分け表示
• 3Dバーチャル表示でイメージ確認
チェックフィルム
チェックフィルム
 
部品形状をプロットまたはカットしたフィルムで、実装の過不足チェックができます。
フロー搬送キャリア
フロー搬送キャリア
 
搭載部品情報から、フロー搬送キャリアの設計を行うことができます。DIP部品下の開口データやテーパーを自動生成します。

実装早見表の作成機能

実装早見表の作成機能
簡単に実装早見表を作成することができます。

① 部品ライブラリに画像、コメントを登録します。
② 部品ライブラリを参照し、「画像とコメント」を自動挿入します。

タブレット機器の作業指示機能

タブレット機器の作業指示機能
コメントや画像を挿入した指示画面を、工程別・部品別に作成&表示できます。

① 作成した指示画面(MNTファイル)を共有サーバーに保存します。
② 無線LAN環境で、タブレットから必要な図面を呼び出します。
③ タブレット操作の履歴管理情報(エラー情報等)は、サーバーに保存されます。

PC-MountCAMオプション製品

PC-MountCAMオプション製品
PC-MountCAMとオプション機器で、実装工程をトータルサポート。
部品ピッキングや位置検査装置など豊富なオプションをご用意。