メタルマスク編集システム ステンシルCAM

搭載部品の小型化、部品形状の多様化に伴い、実装歩留りを確保するためには、半田印刷用のメタルマスクが重要となってきました。ステンシルCAMは、メタルマスクメーカー、EMS実装メーカー、セット メーカーのニーズから生まれたメタルマスク専用のデータ編集システムです。

主な機能

メタルマスク編集システム ステンシルCAM
部品形状を自動認識し、部品単位で形状補正
開口形状のサイズやピッチを自動で認識し、部品としてのライブラリ化、部品単位でのデータ補正

メタルマスク開口形状の容易な形状編集
選択した開口形状のサイズ・ピッチを自動で認識し、取得した数値を元に形状編集が可能

開口形状テンプレート

ホームベース形・スリット形・凹形・くびれ形・扇形などテンプレートから選択するだけで、開口形状を変更可能

形状ライブラリ作成機能
作成した形状をそのままライブラリに登録、管理

オート変換機能
変換形状をデータ全体または選択したエリア内から自動で認識して一括変換