プリント基板CAD、プリント基板関連ハードウェア、プリント基板関連ソフトウェアの企画・開発・販売

ダイナトロン株式会社

テストポイント自動生成 PC-TestCAM

必要なネットエンドを自動生成!
機能、精度、コスト、そのすべてにハイパフォーマンスを実現したWindowsベース編集ステーション。

豊富な入出力機能

ガーバーデータは、標準ガーバーはもちろん拡張ガーバー(274X、Fire9xxx)にも対応。ポジのGND・VCC層でベタが多く含まれるような大容量データを扱えます。層数も64層まで対応。

強力な編集機能

移動・コピー・削除・回転・ミラー・追加・サイズ変更・ラスター⇔ベクターの相互変換など、豊富なコマンドが揃っています。

ドローのままネットエンド・ポイント抽出

ドローパッドのフラッシュ化処理が必要ありません。

斜めパッド・特殊形状パッド処理

特殊形状パッド、斜めパッドなどのパッドもそのまま処理できます。また、QFP部などの一括抜きレジストも、そのままでOKです。

IVH基板対応

層間ドリルを無制限に設定できます。

外層/内層合成データ対応

複数のガーバーで表現される合成データも、拡張ガーバーに対応しているので設定できます。

狭ピッチパッドの検査ポイント自動千鳥化

ピッチが細かい検査ポイントを自動的に千鳥化できます。

検査後のネットベリファイ機能

TestCAMで抽出されたネットデータを元に、内層までネットハイライト、ネット検索ができます。エラートレース機能・ネットトレース機能・ポイントトレース機能・面視反転機能などがあり、不良基板の迅速な解析に繋がります。

高速ネット抽出と作業効率の最適化

ネット抽出処理と同時に編集作業ができるため、作業効率が大幅にアップします。フライングプローブなどのベアボードの導通検査に必要なテストポイントを自動で生成することができます。

豊富なチェッカー用出力データフォーマット

ガーバーデータは、標準ガーバーはもちろん拡張ガーバー(274X、Fire9xxx)にも対応。ポジのGND・VCC層でベタが多く含まれるような大容量データを扱えます。層数も64層まで対応。

出力対応フォーマット
ATG・BSL・エバレットチャールス・富士通オートメーション・日置電機・インテグリ・マイクロクラフト・日本電産リード・IPC-D-356A

関連する製品はこちら