メタルマスクの調達費用が削減できました!

お役様情報

セットメーカー様(通信機器・情報機器の開発・製造)
「ステンシルCAM」で、メタルマスクのデータ編集内製化に成功されました。

Q1  何故、メタルマスク編集の内製化をしたのですか

最初は手書きでメタルマスク専業メーカーに開口寸法の変更を指示しておりました。
しかしながら、以下の理由でマスク開口編集をソフトで行う事にしました。
・手書きだと、指示漏れ、指示間違いが発生する
・過去の開口データのノウハウ蓄積が困難
・マスク作成費用が抑えられる(データ編集費用が作成費用から除ける)
・編集スピードが手書きだと遅い(1日3枚の編集⇒10枚以上の編集が可能)

Q2  編集ソフトを変更するきっかけは、何だったのですか

ソフトの維持更新費用が非常に高かった事とサポート対応が悪かったために変更しました。
また、ガーバーデータの編集に時間も掛かっていました。

Q3  ステンシルCAMの良かった点は何でしょうか?

・ガーバーデータの編集が速くなった
・年3回のバージョンアップ対応でソフト改善されていくところ

Q4  ソフトを選択した際に重視した点はどこでしたか?

・従来作成データとの互換性(ODB++利用)
・簡単に編集が出来ること
・サポート体制が充実していること